三世代知遊空間のひろば

子育て支援
特定非営利活動法人 児童福祉サポート facebook 三世代交流 More-Life HOME

平成17年度事業報告書:コミュニティワーカーズ60's

三世代交流スペース創造事業の実施について

「三世代交流スペース創造事業」を実施するにあたり、活動拠点を整備して、交流スペースを創造しました。
  ・整備期間:平成17年12月21日〜平成17年12月25日
  ・整備内容:内装工事(床張り替え・壁板貼・棚取付)、照明器具取付

各コースの利用者及びシルバー会員の募集チラシを作成しました。※1
  ・作成期間:平成17年12月21日〜平成18年1月31日

上記※1で作成したチラシを利用して、利用者の募集を行いました。
  ・チラシ配布期間:平成17年12月21日〜平成18年3月31日
  ・チラシ配布場所
       大阪府総合福祉協会
       寝屋川市市民活動センター
       寝屋川市男女区共同推進センター
       枚方市男女共同フロア
       大阪NPOセンター
       寝屋川市立第5小学校、木屋小学校、田井小学校、北小学校

その他、事業の広報活動を行ないました。
  ・広報:寝屋川市広報平成18年2月15日号
  ・ホームページを作成:平成18年2月1日より公開 http://www.elder60.net/

平成18年1月4日より放課後コースを実施しました。

利用人数
1月
8人
2月
10人
3月
10人
 
実施内容
児童の学校−自宅間の送迎
61回
児童の学校−交流スペース間の送迎
8回
交流スペースで情操教育
32回
     
情操教育の月別実施
1月
9回
2月
11回
3月
12回
 
実施内訳
回数
参加人数

英語採集

2回
16人(累計)

ピアノ

12回
96人(累計)
習字
12回
96人(累計)
絵画
3回
24人(累計)
図工(手づくりおもちゃ作り)
3回
24人(累計)
参加人数合計
 
256人



 
平成17年1月15日より講習会を実施しました

実施回数
1月
3回
2月
2回
3月
4回
 
実施内訳
回数
参加人数

理科

2回
131人(累計)
図工(手づくりおもちゃ作り)
7回
47人(累計)
参加人数合計
 
256人


土曜コースについて
土曜コースについては、利用者募集を行いましたが、平成18年3月31日までの間に利用申込みがなく、4月以降の実施見込みとなります。なお、3月末日現在、メンバーが口頭で利用したいという具体的なニーズを受けて、利用者募集に力を入れ、その後4名より申込み得ており、5月1日より実施しています。

三世代交流スペース創造事業の効果について
 
「三世代交流スペース創造事業」を実施した結果、利用した児童、保護者、シニアスタッフから以下のような声が寄せられました。

【利用料金】について
・安ければいいのだが、子どもの安全を考えると妥当な料金だと思います。

【カリキュラム】について
・図工(手作りおもちゃ)は子どもにとっていいものだと思いますが、先のとがったもの、危険なものがあり神経を使います。

・暗算やドリルなどを取り入れておられ、学校の勉強の予復習に助かっています。

【講習会】について
・次回が待ち遠しいです。

・この不況が続く中、親として子どもに目を向けることが少なくなり、子どもも家の中でゲームをする姿が多く見られます。そのなかで講習会の企画に関心を持ちました。簡単なことですが家ではなかなか子どもと何かを作ることなど、ふれあう時間もとれないのが現状です。

・廃材を利用したおもちゃ作りは、昔にくらべておもちゃに囲まれている分工夫を思いつきにくい今の子どもにとってとてもよいと思います。遊び方や勉強の仕方にも子どもなりに工夫の幅ができたと思います。

【その他】
・下の子が、平成18年4月より小学校に上がりますので、学童保育をお願いしたい。
      
・とても満足しています。

・いろいろな悩みや相談を親身になって聞いてくれて、良いアドバイス等をもらいとても助かって、たのしく子育てができて感謝しています。

上記の声を踏まえて、この事業は核家族化の進む中、地域の中で、地域の人々が助け合って子育てをするという意識を根付かせることができたのではないかと考えます。他人の子どもとも関わりを持てる、お互いが顔見知りとなれる交流の場を地域に創造することで、他人の子どもでも注意ができる、地域の全員で子どもたちを見守る体制ができるようになるのではないでしょうか。

また、シニア世代が得た貴重な知識や経験を、子どもや孫の世代へ伝えていく場となるためにも、三世代が交流できるスペースを創り出すことは大切なことだと、我々は考えます。


モアライフサービス
大阪府
三世代交流児童福祉サポート児童福祉サポートfacebookページ
More-LifeHOME